意外にも多い浮気

あなたは、浮気を経験したことがありますか?あるにしても「あります!」と声をあげることの出来ない問題です。


浮気というのは、交際している相手や婚姻関係にある相手がいるにも関わらず他の相手と交際をすることをいいます。
浮気の定義はさまざまであり、二人でデートをした時点やキスをした時点、一線を越えた時点などと人によって異なってきます。


独占欲の強い方には、二人で話した時点でそれを浮気と呼ぶ人までもいます。


ある調査で「交際および結婚相手以外で一線を越えたパートナーがいるかどうか」というアンケートにより回答を募ったところ男性で26.9%、女性で16.3%で、全体では21.3%が浮気をしているということが判明しています。


一線を越えるのを浮気とした場合でも、これだけの割合になるのは驚きです。


やはり、浮気と耳にすると「男性に特に多い」というイメージを持ってしまいます。
しかし、実際は女性の浮気が最も怖いのではないでしょうか。


しかし、既婚者に対して行われたある調査で驚きの数字が公表されているのです。
妻や夫以外の異性を好きになってから進展があったかという調査で、「何もなかった」という男性の回答が約33%に対して、女性の場合は約17%と低かったのです。


ここから、女性の場合の方が好きになってからの進展があるという結果が分かります。
男性と比べると女性の場合は、好きになったら行動を起こしやすく、加えて浮気に対しての夫への後ろめたさも少なく離婚も視野に入れている場合が多いといいます。


[PICK UP]
浮気をして慰謝料を請求されたり、浮気をされて慰謝料を請求する場合に弁護士に相談出来るサイトです ⇒⇒ 浮気の慰謝料

Copyright © 2014 男と女 All Rights Reserved.